YAMAHA トロンボーン!

トランペットと共にサックバットという古楽器が起源で、その過程で生まれたスライドトランペットの一種から派生した楽器と考えられています。他の金管と異なり、ヴァルブではなくスライドを動かすことで音程を操作します。(形状は異なりますが、仕組としては同じものです)迫力ある低音中低音からメローなアルト音域まで、実に多彩な音色を持っており、クラシックや吹奏楽のみならず、ジャズなどでも大活躍しています。

現在のトロンボーンは標準的な「テナー」をはじめ、その他「アルト」「テナーバス」「バス」と、計4種類があり、それぞれ用途に合わせて用いられます。

製品情報

「トロンボーン」
トロンボーンとは 金管楽器の中で、唯一スライドで音程を変える金管楽器です。スライドにより音程を連続的に変えられるので、その音質とあいまって、複数本でのハーモニーは中低音の充実した響きをつくりあげます。表情は豊かで、壮大なファンファーレでも、甘い旋律でも得意とします。トロンボーンには異なるボアサイズがあり、それぞれを細管、中細管、太管と呼びます。
細管は明るい音色でジャズ、ポピュラーに好まれます。
中細管は細管と太管の中間で、オーケストラの第一奏者や明るめの音を求める吹奏楽に適しています。
太管は豊かなハーモニーを作るのに適しており、大編成のオーケストラや奏者向きで、吹奏楽でも使われます。

多くのジャンルで活躍するトロンボーン。入門用からカスタムモデルまで様々なラインナップを揃えております。

トロンボーン のページ

 
ラインナップ
 
 
木管楽器
金管楽器