YAMAHA サクソフォン サックス!

19世紀にベルギーのアドルフ・サックスによって考案された、元来木管楽器と金管楽器の橋渡し的存在として開発された楽器です。
楽器の構造上クラリネットなどと同様のシングルリード楽器で、すなわち木管楽器に分類されますが、フルートのような時代の変遷による変化ではなく、当初から金属を材料に開発されました。その独特な音色故クラシックではあまりなじみませんが、みなさんご存じのとおり、Jazzやビッグバンド、吹奏楽などで大活躍しています。ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4種が主流で、Eb管、Bb管のもの多く出回っています。

YAMAHA 2012秋新製品徹底解剖!
製品情報

「ソプラノサックス(Bb管)」
サクソフォン四重奏では主旋律を受け持ち、吹奏楽では特別な効果が必要な場合に用いられることが多くあります。

ソプラノサックス in Bb のページ

 

「アルトサックス(Eb管)」
サクソフォンを代表する楽器。さまざまな曲が作曲され、ソロ楽器としても大活躍です。幅広い音色の変化がつけられ優れた表現力を持つため、吹奏楽には欠かせない存在です。

アルトサックス in Eb のページ

 

「テナーサックス(Bb管)」
アルトに次ぐサクソフォンを代表する楽器。音色は男声部を思わせ、太く肉感的です。

テナーサックス in Bb のページ

 

「バリトンサックス(Eb管)」
低音の力強さと、弦楽器のような柔軟性を合わせ持つ、チェロの低音域と同じ音域の楽器です。吹奏楽では木管楽器の低音部を受け持ち欠かせない存在です。

バリトンサックス in Eb のページ

 
ラインナップ

管楽器担当コメント

62はプロ奏者もステージや録音で使用するヤマハを代表するサックスでありながら20万を切る超お買得なモデルです。8から始まる型番はカスタムモデルは性能、音色共に最高のサックスです。

 
 
木管楽器
金管楽器