Gibson ギブソン / Custom Shop Nashville イシバシ楽器カスタムオーダー Custom 1963 ES-335 VOS Antique Faded Cherry

Gibson ギブソン / Custom Shop Nashville イシバシ楽器カスタムオーダー
Custom 1963 ES-335 VOS Antique Faded Cherry / 販売価格:569,524円 + 税

ヴィンテージのサウンドを追求した結果のヒストリックコレクションを超えるヴィンテージスペック。

現在カスタムショップ・ナッシュビルで作り得る最高のES-335サウンドを徹底解剖致します!!

ヒストリック・コレクションを超えるヴィンテージスペックを持つ当社カスタムオーダーモデルが遂に入荷!!

ダブルリングチュ-ナー、ナイロンナット&サドルとヒストリックコレクション63ES-335では再現しきれなかった1963年スペックを見事にカバーし、さらにこのモデルの最大のポイントとなるヒストリック・コレクション63ES-335よりも約1.5~2.0mm薄いボディ厚により1963年製のボディ厚までも完璧に再現しています。

また、センターブロックをヒストリック・コレクション1959ES-335と同じくドリルで配線のみを通せる穴を開けた構造を採用し、ヴィンテージ市場においてもこの詰まったセンターブロックの持つ芯のあるトーンは高い人気を誇り1963年初期スペックと言えます。また、ヒストリック・コレクション1959ES-335の艶やかかつコシにあるトーンを求めながらも厚みのある59年ネックシェイプによりこのモデルを断念した方にもおすすめの60sネックシェイプとなります。

ピックアップにはジミーペイジNumber Twoレスポールやエリック・クラプトン1960レスポール等アーティストモデルに採用されたカスタムバッカーを使用し、多くのアーティストからも本人が所有または愛用していたオリジナルモデルと比較した時にも高い評価を得ている当時のナンバードPAFを限りなく再現したトーンを持ったピックアップと言えます。

カラーリングは通常のフェイデッド・チェリーよりもメイプルの木目が透けて見え、より濃い紅色のようなオリジナルの1963年製のカラーの再現に成功したアンティーク・フェイデッド・チェリーにフィニッシュ。サウンドを考慮しVOS仕上げにすることにより、グロスフィニッシュの新品らしい元気なサウンドではなく、木材の鳴りをナチュラルにアウトプットするとともに高音のまろやかさが足され、まさにヴィンテージのようなトーンを作り出します。

このトーンを作り出す要因はナイロンナット&ナイロンサドル、オリジナルに忠実なボディ厚、カスタムバッカー・ピックアップ、VOSフィニッシュと、スペックに拘ったわけではなく、ヴィンテージのサウンドを追求した結果のヒストリックコレクションを超えるヴィンテージスペックとなります。 現在カスタムショップ・ナッシュビルで作り得る最高のES-335サウンドを是非ご堪能下さい。

Custom 63 ES-335、オリジナル1963年製ES-335、ヒストリックコレクション63ES-335を徹底比較!

  • Custom 1963 ES-335

     /
  • Historic Collection 1963 ES-335

     /
  • 1963年製 ES-335

     /

各モデルボディ厚

  •  /

    ホーン部分の厚みは43.32mm。
    オリジナルの1963年製と比べるとこの部分が一番厚く感じますがHC63ES-335と比べ約1.4mm薄く仕上がっています。

     /

    くびれ部分の厚みは43.14mm。
    ほぼオリジナルと同じ厚みを再現しており持ったときの感触が1963年製と区別がつかないほど見事な仕上がり。

     /

    エルボ部分の厚みは43.47mm。
    ちょうど肘のあたる部分でこの厚みによりオリジナルと同様の感覚で弾くことができます。

  •  /

    44.76mmで今回計測した位置で最も厚みのある部分と言えます。

     /

    HC63ES-335の厚みは44.68mm。
    Custom63ES-335と比べ約1.5mm厚いことが確認できます。

     /

    Custom63ES-335よりも約0.9mm厚く、目視においても差が感じられる箇所です。

  •  /

    リイシューとの差が最も出たホーン部分。オリジナル1963年製は42.58mm。

     /

    1963年製のボディセンター部分の厚みは43.13mm。
    この厚みがトーンへも大きく影響します。

     /

    CustomES-335との差は0.15mm。
    経年変化による塗装の痩せ等考えますとほぼ満点の再現ではないでしょうか。

センターブロック/キャビティ

  •  /

    1958年から1963年途中までの仕様となるドリルで配線のみを通せる穴を開けた構造を持つセンターブロックを採用。これにより艶やかかつ芯のあるトーンを作り出します。

  •  /

    アッセンブリーを通すことを可能にし、作業効率を上げるため右側部分のみくり貫かれた1963年後期以降のセンターブロック構造を再現したヒストリック・コレクション・モデル。

  •  /

    比較用の1963年製も詰まったセンターブロック構造を持ち1963年初期スペックと言われるタイプです。

ヘッドストック:ペグ&ナット

 /  /

まず見た目で大きく印象を変える1960年代ギブソンの特徴のひとつであり、絶対に拘りたいダブルリングチューナーを採用。

1950年代のシングルリングチューナーよりもダブルリングになることによりその分ヘッドから突き出したボタン部分が強調され、1963年モデルの完全再現にはこのチューナー無くしては成り立ちません。

またナットには2009年に50周年記念モデルとして歴史的スペック変更を行った1959レスポール・スタンダード・リイシューで新たに採用されたナイロン素材をこのCustom 1963 ES-335にも使用。

これにより従来の牛骨ナット&ブラスサドルに比べ、ナイロンサドルと相まってクリアかつ柔らかい高音域を作り出しヴィンテージES-335に肉薄するトーンを作り出す重要なポイントの一つとなります。

ピックアップ/サドル

ピックアップにはジミーペイジNumber Twoレスポールやエリック・クラプトンCrossroad ES-335等アーティストモデルに採用されたアルニコⅢマグネットを使用し、コイルのターン数をカスタマイズしたカスタムバッカーを採用。

多くのアーティストからも本人が所有または愛用していたオリジナルモデルと比較した時にも高い評価を得ている当時のナンバードPAFを限りなく再現したトーンを持ったピックアップと言えます。

また、ヒストリック・コレクション・モデルではブラス製のサドルを使用していますが、このCustom 1963 ES-335にはオリジナル1963年製と同様のナイロン製サドルをチョイス。

これにより高いレスポンスを維持しながら角のとれた柔らかい高音域を生み出します。

さらにヒストリック・コレクション・モデルではグロスフィニッシュのみのラインナップとなりますが、VOSフィニッシュにすることにより、グロス・フィニッシュに比べ塗装が薄くなり、ボディの鳴りを最大限に活かすとともにいわゆる新品サウンドよりも若干枯れたトーンになる点も見逃せません。

いかがでしたでしょうか。

スペックにのみ拘ったわけではなく、ヴィンテージのサウンドを追求した結果のヒストリックコレクションを超えるヴィンテージスペックとなる最強Custom 1963 ES-335 VOS。

現在カスタムショップ・ナッシュビルで作り得る最高のES-335サウンドを是非ご堪能下さい!!