ナッグスギターズ クリエイション プログラムとは…
 Knaggs Guitars が2014年のNAMMショウにて第1号機を発表した待望の個人オーダープログラム。個々にシリアル番号が振られ オーナーとジョーナッグス、そしてKnaggs Guitarsのコラボレーションによって結実する、まさに超一級のワンオフの夢をかなえる ことができるプログラム。
 入荷まではおよそ1年以上のペースが見込まれるが、ジョーナッグスらしい妥協を許さぬ完成度の高さでギターに命が宿される。 マスタービルダーの真髄が宿る国内入荷第一号機Mating dance(マッティング ダンス)をオーナーからお借りし、その細部を分析しつつ類まれなるギター職人が切り開く、エレクトリックギターの新たなる価値観、Creationプログラムについてご確認いただきたい。
一見して今までのエレクトリックギターでは誰も見たことのない幾重にも重なる深い世界観が創造されている事がわかる。
 次元の違う世界が幾重にも重なったデザイン、これ以上ないほどの美しい木材の交錯、ブルーに統一させながらもフェイド していくカラーリング…、あたかも悠久にながれる時空や次元にまで想像が及ぶ至高が見る者を魅了し呼吸を止める。

 土台となったギターはナッグスギターズの中でもサウンドの革新性において評価の高いChoptank。既に日本において超一級ギタ リストが使用する同モデルは、トラディショナルなエレキギターの両巨頭を同居させ、従来ない新次元のサウンドにまで引き上げた、 ブランドを象徴するエレクトリックギターの新種。
誰も聞いたことのないワイドレンジ、驚愕のロングサスティーンはブランドが単なるデザイン性だけにとどまらない本物であることを一瞬で弾き手に理解させる説得力がある。シングルカットの分厚いメイプルトップボディにメイプルネックをセットネックジョイントさせた従来ないウッドマテリアルミックス。オリジナルブリッジの発明にまで及ぶブランドの真摯な姿勢は、伝統を知りつつもその再現に留まらないジョーナッグスの真摯なクラフトマンシップの証明、木材とハードウェアが奏でる繊細なベルトーンフィールは演奏しているものの力をふと抜かせてしまう響きと力を帯びている。

 ボディトップの大胆なダブルパーフリングのライン同様、ジェットブラックのエボニーバインディングがネック全体を覆い、かつピックガードにまで同様の施しを入れることで異なる世界観を木材によってあたかも絵画の額縁の様にフレイムに収めている。 あえてボディとは違うラインで揺れるメイプルピックガードは、指板のインレイを自然が作り出すフィギュアドカーブで演出し、かつ指板からピックガードまでをまるで水墨のようなフェイドで塗り分けることにより更なる奥行きを作り出し、ギター全体に大きな世界観を感じさせる。 あえて鳥というイメージが持つ“跳躍”や“飛翔”というイメージにはとらわれず、12フレット付近に向けて求愛ダンスを描くことで指板にストーリ性を持たせていることも新たな鳥のインレイモチーフとして見逃せないポイントと言えるだろう。

 息をのむほどの至高のマテリアルを採用していることは精通したギターマニアなら一目でわかることだが、人知の及ばぬ木材の美を職人の様々なテクニックにより完全に支配下に治めている。そこに木材の美を超えた一体の芸術品を作ろうとする職人の狂気を感じ、見るものを圧倒するのである。

高価なプライベートオーダーとはどの水準で語られるべきなのか…、その答えについて改めて考えさせられる至高の一品である。
1952 Choptank Telly Nashville-Style 1952 Choptank Telly Nashville-Style 1952 Choptank Telly Nashville-Style 1952 Choptank Telly Nashville-Style 1952 Choptank Telly Nashville-Style 1952 Choptank Telly Nashville-Style 1952 Choptank Telly Nashville-Style


イシバシ楽器 / Knaggs Guitars Top